三十両

三十両ぶんの価値ある文章を目指すブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
書籍交換サービス『Bibuly』の不安要素
先日、7月18日に書籍交換サービスサイト、『Bibuly(ビブリー)』のβ版が公開され、相次いでネットメディアを中心に報じられています。
http://www.bibuly.com/

意外な感じでしたが、ざっと調べると、物々交換はウェブサービスとしてはそんなに珍しくないみたいです。

Gigazine『国内のオンラインで物々交換できるネットサービスまとめ』

で、このサイト独自のウリとして、ウェブ上で自分の本棚がもてるということらしい。利用者は、自分の持っている本と欲しい本の二種類の本棚を作り、他の利用者に公開でき、この本棚を中心に、交換が進められるという仕組みになってます。また、作った本棚はブログパーツとして使うことも出来ます。

ゆくゆくはCD、DVD、ゲームへとサービスを拡大していくらしく、
このことから、制限された小遣いをやりくりするための知恵として子供を中心に発展してきた「おもちゃの貸し借り文化」というコンテキストから、このサービスが発生したのかな、と個人的にはみていて、小3のときに渋谷くんにFF5を借りパクされた思い出とか、小5のときに、大好きだった河合さんからミスチルのCDを借りた思い出とかが呼び起こされて、興味深かったりします。
ということで、是非、運営さんには頑張ってほしいところなんですが、実際にサービスを三日間ほど体験してみたところ、このサービスが広く世間に受け入れられるのは、かなり難しい気がします。

課題はいくつも見えるんだけど、大きいところだけ挙げてみます。



■本棚作りの煩わしさ

まずは、基本的な設計部分からひとつ。
先述のとおり、本棚を作って公開できるのが、このサービス独自の魅力なんですが、本棚を構築するのが、面倒くさい。
一冊を登録するのに、大体2,30秒くらいかかり、しかもその時間を短縮する工夫もほとんどない。交換してもいい本が100冊あるとして、それだけでも一時間程度時間がかかることになります。
例えば20巻で完結するコミックスを登録するために同じシリーズのマンガを一冊ずつ登録しなくてはいけないことを考えると、ストレスがたまります。
単に本棚を自慢するだけの機能ならば、シリーズものを一冊だけ登録しておいてもいいんだけど、交換したい場合には、ちゃんと1~20巻まで登録しておかないと意味がないので、やはりその手間は欠かすことができないだろうし。
あと、同じ基礎的な部分でいうと、各ページのリンクの貼り方も不便だったりします。
何よりもまず、こういう単純な使い勝手の部分が見直されるべきだと思います。


■物々交換のメリットがまったく魅力的に広告されていない

・古本屋に安く買い叩かれるのはすっきりしない
・ネットオークションは出品の手間が面倒
・本当に必要な人に受け取ってほしい

という視座から、このサービスを作った旨が運営ブログに書かれているんですが、これによると、要は時間的な効率、金銭的な利益、本に対する思い入れのトレードオフで、古本屋、ネットオークション、物々交換の三方式を選択してくださいという話になるんだけど、個人的な感覚として、わざわざ手間をかけて交換することにこだわる人は少ないと感じます。いまどき、そこまで本に思い入れを持ってる人って希少価値高い。
かつ、逆にそういう人は、こういうサービスじゃなくて、自分の身近な人とのコネクションを使って本をさばこうとするでしょう。例えば、同じ趣味を共有している友人だったり、同僚だったり。
あえて手間暇かけて、送料も負担して、見知らぬ他人と本を交換することの魅力が伝わらないから、わざわざこのサービスを使おうという気が起きないですね。



考えられる勝ち目としては、本棚をモチーフとした、自己表現ツールの一種としてビブリーが流行することですね。
唐突ですけど、本棚ってある意味で戦場で、整然と参考書を机に並べておくことで、勉強家であることをアピールしたり、ファッション誌を置いておくことで、自分の流行への関心度をアピールしたり、という意識を誰もが持っているはずです。
同じマンガでも、ワンピースが並んでいるのと、NANAが並んでいるのではまったく印象が違います。サブカル好きの人はよしもとよしともを並べるし、思想好きの人はゴー宣を並べるわけです。
なので、ブログパーツとしての利用というのは、本棚とブログという、自己表現の機能がばっちりかみ合ってて良い機能だと思います。
その方向で展開していって、付属的に交換機能がついてくるというのが、適当じゃないかというのが、個人的な考えです。

今後も、たまに動向に注目してみます。
関心事とか関体事とか
■天然コケッコー

こないだとある映画を見に行ったら予告編で『天然コケッコー』が流れていた。
くるりの曲×ジョゼ虎の脚本家
っつーことで100%見に行くと思います。

くらもちふさこの原作は知らないけど、
くるりの「言葉はさんかくで 心は四角だな」という詞と
『ハイウェイ』風のローテンポなメロディだけで、良い作品であることを確信した。

ジョゼ虎好きは、ホームページをチェックしてみてください。


■AdultTreasureExpo2007

研究会のつながりで、アダルト産業の見本市という画期的なイベントの企画を手伝うことになった。その名もAdultTreasureExpo2007(略称:ATE)。

アダルトとはいいつつも怪しいイベントではなく、大人なら誰でも気軽に参加できる、底抜けに明るくて楽しいモノになる予定なので、乞うご期待!


■ImariTonesのPV完成

昨年度の冬休みから、企画、脚本という形で関わってきたImariTonesというバンドのPVがついに出来ました。アニメーターに有名なflash作家のささきあい氏を迎え、すばらしいクオリティの映像に仕上がったと思います。

次回以降のエントリーで、詳細を伝えていく予定です。


■新潟県トマト見学の旅

今期から新しく入った研究会で、なぜかトマトを作っています。昨今アグリビジネスが流行ですが、農学部でもないくせに、本気で日本一収益率の高いトマトを目指しています。勝算は織り込み済みです。

新潟に実験地があるのですが、この金、土と泊りがけで行ってまいりました。ただでめっちゃうまいトマトが食べれて、すごい幸せでした。夏はあそこで長期合宿をするとか何とか。楽しみなような怖いような。


■Google Maps Street View

グーグルがまたしてもすごいことに・・・。
デンバー、ベガス、 マイアミ、NY、サンフランシスコというエリアをカバーしているらしいのだけど、もう仕組みが全くわからない。
おおよそ全ての地点で360度見回せるってことは、ちょこまかと移動してはぐるーっと周りの写真をとる、またちょっと移動しては写真をとるってやったんだろうか。。。

Google Maps Street View:
新約「やる」
あん? 

何見とんじゃ!!

やってまうぞ、コルゥァア!!


と威勢よくはじめてみました。
最近、元気がないとよく言われるので、精一杯虚勢を張りました。

さて、突然ですが、この場合、おそらく頬に傷持つ893のお兄さんが起源であろう、「やってまうぞ」という単語にはどういう漢字が当てはまるでしょうか?

試しに、「やる」をIME2000の変換機能を用いて変換してみましょう。


・やる
・遣る
・ヤル


あなたのパソコンでも候補が三つ出てきましたね?
さて、このうち漢字で表示されているのは「遣る」ただ一つです。
あれまぁ、なんということでしょう!
検証開始からわずか10行目で早くも結論が出てしまいました。


この結論に基づいて、
眠い目をこすりながら枕草子とにらめっこをした、
あの高校生のころの古文の授業の気持ちを思い出しながら、
彼の言葉を忠実に現代語訳すると、


あら、

何を見ているのですか?

遣わしてしまいますよ、こらこら


となります。

なんと、このとき893のお兄さんは第二人称的存在に対して何かを派遣しようとしていたわけです!
何を派遣しようとしていたのか・・・それは謎です。
文脈の如何に関わりなく、私がこれまでドラマや小説で見聞きした中で、その対象が明らかにされたことは、私の記憶が確かならば一度たりともありません。
篠原涼子か何かを派遣して低所得者層の品格でも示そうとしたんでしょうか?


いやいや、それにしても、考えれば考えるほどおかしい文章です!
現代語訳したればこそ多少は理解が出来たものの、
こんな内容なら、わざわざ怯えた犬のようにきゃんきゃん怒鳴らなくても、いいのではないかという気がしてしまいます。
これでは全く文脈が間違っているとしか思えません。

もし、先ほど導きだされた結論が間違っているとしたら、考えうる可能性は三つです。


1.893のお兄さんは頭が狂っている、ゆえに正常な会話が遂行できない
2.IME2000は頭が狂っている、ゆえに正常な変換が遂行できない
3.筆者は頭が狂っている、ゆえに正常な推論が遂行できない


1,2,3のいずれも否定しがたい魅力を放っています。
いずれにしても、「やってまう」が「遣る」の意味を含んでいないにしても、本来「やる」という動詞が連動的に他の動詞とくっついて意味を成す以上、なんらかの動詞的ニュアンスが含まれていないことは考えづらいです。


驚くべき推理と思われるかもしれませんが、つまり、「○○をやる」の○○の部分が、やるという単語自体に込められているのではないでしょうか?

とするならば、この「やる」という言葉は無理やりにでも、他の漢字と併用することがふさわしいのではないでしょうか。

例えば・・・、そう、「殺る」とか・・・


あっ!
この表記、見たことがある!


「犯る」と書いて「やる」と読ませたりしてて、
おかしいと思ってたんですよねぇ。
特に少年ジャ○プ系のマンガの中でっ!
そうか、そういうことだったんですね!


いや、待てよ・・・。
この用法が正しいとしたら・・・、
もう読み仮名とか覚えなくていいじゃないですか!
だって、「やる」という単語があまねく言葉に対して使えてしまうんだから。


例えば、「走る」だって「やる」と読めばいいんだし、
拡張すれば「五里霧中」という四字熟語だって、
「私の今の状況は五里霧中だ」なんていちいち書かなくても、
「五里霧中る」と書いて「やる」と読ませれば、たったの5文字で済んでしまいますよ!
ルビをふるのも、たったの1文字ですよ!
なんてインク代節約!なんてエコロジー!


これは革命だ!


さらに言えば、気の利かない坊さんのなっがい般若心経も、

「観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 
度一切苦厄 舎利子 色不異空 空不異色 色即是空 
空即是色 受想行識亦復如是 舎利子 是諸法空相 
不生不滅 不垢不浄 不増不減 是故空中 
無色 無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法 
無眼界 乃至無意識界 無無明亦 無無明尽 
乃至無老死 亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無得 
以無所得故 菩提薩た 依般若波羅蜜多故
心無けい礙 無けい礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想 
究竟涅槃 三世諸仏 依般若波羅蜜多故 
得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若波羅蜜多 
是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪 
能除一切苦 真実不虚 故説般若波羅蜜多呪 
即説呪日 羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 
菩提薩婆訶 般若心経る」

と書いて、

「やる」

と読めば、座布団に座って1秒で唱えれてしまうわけです!

なんてこったい!
日本語がここまで進化していたとは!
ブログで実験。タレント名でアクセスアップ作戦。
楽しいこと思いついた。
思いついた楽しいこと。

この前長澤まさみと堀北真希のことをネタにしたときに、アクセス数がはねあがって一日で200人ものユニークアクセスがあって面白かったので、今日はひとつ実験をしてみたいと思う。

題して、
『今売れているタレントの名前を無秩序に記載していって、
どれだけアクセス数が増えるか試してみよう!!』

全然題せてないじゃんという三軒となりの声は完全無視して、さっそく実験を始めよう。

試験過程として以下の方法を採用するものとする。

(1)壁紙サイトのタレントリストを利用してタレント名を無秩序にコピー&ペースト
(2)その中からそろそろ尻すぼみかけているタレントを除外(例:安部なつみ
(3)アップした日から1週間後までのユニークアクセスを単純合算して7で割り、一日辺りの平均アクセス数を算出、さらに普段のこのブログの平均アクセス数である30で割った数値を本ブログにて公開し、詳細を検討する。

以上

では、1週間後の結果をお楽しみに。


※このブログをたまたま訪れた人へ
よければ、網にひっかかった記念に何か書き込んでいってください。

----------------------------------------------------------------------------------------------

井川遥 伊東美咲 市川由衣 小野真弓 上戸彩 小倉優子 大塚愛 石原さとみ 相武紗季 綾瀬はるか 蛯原友里 香里奈 加藤あい 国仲涼子 倖田來未 椎名林檎 白石美帆 竹内結子 中島美嘉 浜崎あゆみ 長谷川京子 深田恭子 BoA 堀北真希 松浦亜弥 観月ありさ モーニング娘。 眞鍋かをり 松嶋菜々子 矢田亜希子 優香 長澤まさみ 井上和香 安めぐみ 若槻千夏 沢尻エリカ 森下千里 山本梓 ほしのあき 安田美沙子 夏川純 木村カエラ 山田優 中野美奈子 久本雅美 梨花 林原めぐみ

嵐 安藤政信 伊藤英明 稲垣吾郎 井ノ原快彦 今井翼 内博貴 江口洋介 岡田准一 小栗旬 押尾学 織田裕二 加藤晴彦 香取慎吾 木村拓哉 キンキキッズ 窪塚洋介 国分太一 坂口憲二 坂本昌行 椎名桔平 ジャニーズJr. SMAP 反町隆史 滝沢秀明 竹野内豊 タッキー&翼 塚本高史 妻夫木聡 堂本光一 堂本剛 TOKIO トム・クルーズ 中居正広 長瀬智也 長野博 成宮寛貴 NewS 福山雅治 藤木直人 藤原竜也 ブラッド・ピット V6 ペ・ヨンジュン 松岡昌宏 三宅健 本木雅弘 森田剛 山口達也 山下智久 山田孝之 亀梨和也 レイザーラモンHG 速水もこみち 玉山鉄二 オダギリジョー ウエンツ瑛士 小池徹平 氷川きよし 石丸謙二郎 出川哲郎 明石屋さんま 島田伸介 松本人志 要潤
CRぱちんこ冬のソナタ
たったいまCMが流れたんですが、
パチンコ冬のソナタってどうなんでしょう。

日本の主婦がギャンブルにはまってしまって、
将来のための貯蓄などというあやふやな名目で家計を横流しし、たんす銀行にプールして、
毎日夫を送りだした後にそのお金でフユソナの台を占拠するようになり、
パチンコパーラーが団地の公園に次いで第二の主婦サロンと化すような事態になっても
ヨン様的には問題無しなんでしょうか。

まぁ、無いからパチンコ台にはなったわけですが。

福井に住むおばあちゃんがヨン様のファンなので非常に心配です。
パチンコとかすきそうだしな~。。。

フユソナパチンコ

↑ちなみに彼はパク・ヨンハ様
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。