三十両

三十両ぶんの価値ある文章を目指すブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
若者の○○離れ論
若者の○○離れという言葉が、もうネットの世界ではうようよ漂ってます。
まとめてあるものがあったので、転載します。

~~~~~~~~~~~~~
若者が離れてるもの一覧

テレビ離れ
クルマ離れ
読書離れ
酒離れ
新聞離れ
タバコ離れ
旅行離れ
活字離れ
理系離れ
プロ野球離れ
恋愛離れ
雑誌離れ
CD離れ
映画離れ
ゲーセン離れ
パチンコ離れ
腕時計離れ
スポーツ離れ
献血離れ
セックス離れ
日本酒離れ
ブログ離れ
アカデミー賞離れ
寿司にわさび、おでんにからし離れ
マラソン離れ 
ガム離れ

~~~~~~~~~~~~~~


もうありとあらゆると表現していいくらい、
脈絡も関連性もなく多種多様なものがあげられています。
ぼく、なんだかこの話題が大好物みたいで、
何か新しい○○離れが提案されるたびに、
「ふんふん、確かに俺もそうだよなー」とか、
「いや、それは勝手な言い分だろ」とか、
いちいち反応しながら楽しんでます。

このトレンドの原因やら、
それぞれの○○から離れた結果としての将来予測なんかについては
色々な人が説得力のある話を語っていますけど、
なんかこの楽しめちゃう感じって、すごく血液型占い的なんですよね。
一見、根拠がありそうで実は明確でなく、
でも結果としてはどう見てもそのような現象が発生しているように見えるといういい加減な感じが。
当事者なのに、野次馬や傍観者のようになれてしまう感じも。

唐突ですが、
自分の生きやすい環境を構築するために周りを変えるか自分が変わるか、
どちらがよいかと訪ねられたら、みなさんはどちらでしょう?

僕は今までの生き方を振り返ると、圧倒的に自分が変わる方を選んできてると思います。
だから、余計にそう感じるんじゃないかと思いますが、若者世代はリソースに合わせて自分が変わるという人が多い気がします。言い換えると、保守的です。あと草食系というキーワードにも絡んでいそうです。
例えば給料が自分の思い描いている成長曲線を描いていないとき、給料を上げようと努力するんではなくて、給料にあわせて生活を変えようとしたり、車を買うんじゃなく公共交通機関を使ったり、家族や恋人を持たず一人で過ごす方法を工夫する。そんなふうに。
自分の手の届く範囲の中にあるものを適切に管理しようとする、
すごく合理的な発想がそこには働いています。

社会の目から見ると、消費が低減するわ、出生率は下がるわ、文化は廃れるわと良い事なしに書かれてますけど、もしかしたら、単にマクロの世界で間違えていると思っていてもミクロの世界では正しいという、合成の誤謬になってるようにも感じます。
もし若者の行動原理を変えたいと感じるなら、
一人一人の若者の行動の合理性を認めた上で説得しないと、
誰も聞く耳を持ってくれないんじゃないでしょうか。と。
Comment
≪この記事へのコメント≫
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/10/25(木) 01:32:10 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/02/03(日) 07:33:18 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。