三十両

三十両ぶんの価値ある文章を目指すブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「おくりびと」の成功に寄せて
おくりびと、話題になってますね。エンタメに携わることを志す者の一人として、この功績を素直に喜んでます。でも、よく考えてみると、この一大ニュースの裏にある日本人の変化という現象が透かして見えるような気がします。

日本アカデミー賞、ブルーリボン賞など、日本には大きな映画賞がいくつもあります。二十年くらい前、僕の親の世代の日本人はその賞の一挙手一投足に注目していて、その出来いかんが興行収入にも大きく関わっていた、と思います。でも、最近じゃあ日本の作品は海外で評価されないと、話題にもなりませんよね。

日本のビジネスがグローバル化を志向するようになって十数年、エンタメという業界での現象だけを切り取っても、その時代に生きる僕たちの目はどんどん世界に向けられていっているような気がします。今のように日本のマンガやアニメが日本人の間で見直されたのは、山本浩二の『頭山』から始まる海外での評価が逆輸入されてきた結果ですし、ラストサムライが興行的に成功したのはひとえに渡辺謙が重要な役としてハリウッドで起用されたという話題性によると思っています。

そう考えてみると、不思議と僕の関わる小説の世界は、ほとんど全くと言っていい程グルーバル化されておらず、相変わらず国内に閉じこもってますね。台湾や韓国を除いて、世界的に有名な現代日本作家といえば、村上春樹さんくらいのものじゃないでしょうか?

縮小する出版業界を打開する鍵をグローバル化に求めることは、きっと業界の中のほとんどの人が意識していると思うんです。でも、それが出来ないという事は、出来ないなりの理由があるんでしょうね。
おくりびとの成功(興行的にはまだ結果が出ませんが)が、出版業界に再生の種を蒔くような事件になってくれればいいと思っています。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。