三十両

三十両ぶんの価値ある文章を目指すブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
お金で買えないものなんてない
そろそろ就活を意識して、マスコミ就職読本2008を買いました。
筆記の訓練もかねて、過去問に答えてみます。

------------------------------------
2007年度 新潮社

『世の中にお金で買えないものなんてあるわけないじゃないですか』
という言葉について、自由に感想を述べよ(便箋二枚で)
------------------------------------

結論から先に言えば、答えは否である。
わかりやすい反例として、おそらく、道端の石ころがあげられる。
石ころなんてわざわざ買わなくても、
タダでいくらでも拾えそうな気がしてしまうかもしれないが、
タダで手に入れられることと、お金で買うことには明確な差がある。
それは、売り手の存在だ。
「お金で買えないものはない」、ということは、
裏を返せば、「お金で売れないものはない」、ということにもなるが、
よくよく考えてみれば、お金で売られていないものが数多くあることに気づくだろう

最近、月の土地の領有権を販売するサイトの存在がネタ的に話題に上ることがあるが、
聞いた話によると、地球外の土地は誰にも領有できないことが国際法で定められているらしい。
この場合、買い手からすれば、一応は売られているものにお金を払うのだから、
「月の土地を買った」ということは可能かもしれない。
しかし、売り手自身の信頼性が十分でない場合、
「月の土地を売った」という言葉は有効とはいえないだろう。
何かの問題に対して議論を行う場合には、
常に、その問題がどんな前提の下に成り立っているのかを考える必要がある。

以上


読み返してみると、堅く書きすぎたかもしれないですね。
この類の言葉をジョークとして受け入れられなかったら、コミュニケーションも出来ないっつーか、この種のテーマはTPOに応じて結論すらもコロコロ変わるもんだと思います。

あ、新潮社といえば、
インターンの募集が始まっているらしいので、
興味がある人はチェックしてみてください。

http://www.shinchosha.co.jp/info/accepted/

Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。