三十両

三十両ぶんの価値ある文章を目指すブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
街の本屋さんの多面的機能
最近、twitterの方に時間を使っていて、
ブログをなかなか更新出来ていなかったのですが、
今日、フォローミー祭りというのに参加して、
twitterのフォロアーが激増したのをきっかけに、
久しぶりの更新です。

さて、
昨日今日と街の本屋さんは随分忙しかったんじゃないかと思います。
というのも、よつばとの最新刊とのだめの最終巻が同時に発売されたためです。
両者ともメイン読者層は異なるものの、漫画界ではモンスター級のヒット作。
でかい本屋なら、コーナーを一つ丸々占領して当然という作品になっています。
ちなみに、現在連載されている作品の中で個人的にナンバーワンの、
おがきちか『ランドリオール』の最新15巻も昨日発売。
今週は漫画界的にはすごい作品が目白押しの激暑の期間なのです。
例えるなら、ドラクエとFFが同時に発売されたようなものです。
…といっても、漫画にもゲームにも興味が無い人には伝わらないかもしれないですが。

僕はアマゾンで購入したので、
その雰囲気には立ち会えなかったのだけど、
そのお祭りムードを盛り上げるのは街の本屋さんの立派な役割の一つ。

全然関係ないような話だけれど、最近、農業界隈では
【農業・農村の多面的機能の解釈】というトピックが流行っております。
参考:http://www.maff.go.jp/j/nousin/noukan/nougyo_kinou/index.html

これは要約すると、全然農村と関係ないところで生活してるような人でも、
実は色々な面で恩恵を受けているのだから過疎化しつつある農村の保護に対して、
国費で助力をするのが筋なのではないか、というようなことです。

街の本屋さん(あるいはゲーム屋さんや服屋さんでも同じですが)は、
ここのところネットショッピングや通販にパイを取られてどんどん規模を縮小させられていますが、
この農業・農村の多面的機能のような解釈が本屋さんに対して適用することが許されるならば、
僕のような一介の消費者でも、その機能から受ける恩恵に対して、
報酬を支払ってもいいんじゃないかという気がしています。

考えてみれば、街の本屋さんが果たしている役割には、
ネットショッピングと比較してみても多大なものがあります。
・ポップや店頭装飾などによる新製品の告知機能
・ネットでは表示部分の制約によって賄えない既刊書籍の俯瞰機能(本棚をぼんやり眺めるような)
・知識の普及の場としての機能
・立ち読みなどによって書籍の中味を事前に調べる調査機能
などなど、消費者が無償で受け取っているサービスがたくさんありますよね。

僕自身の消費行動の基本的なモデルは、
ネットで目的の書籍を調べて、本屋さんで書籍の内容をチェックして、アマゾンのマーケットプレイスで販売されていないか調べてから、なるべく安く購入するという感じなのですが、
本屋さんが欠けてしまうと、この一連の流れに支障をきたしてしまいます。

みなさんはいかがお考えでしょうか。
スポンサーサイト
銀座カリーうまうま物語(懸賞編)
天候悪し、湿度むんむん、不快指数がリミット限界にまで達しようかという、今日7月24日金曜日の午後。
顔も自然としかめがちな空気の中、インターホンが鳴り響いた。
私が怪訝な面持ちで玄関を開けるとそこには鮮やかな青と白のストライプに身を包んだ初老の男性が立っていた。
一目見てそれとわかる、佐川急便である。

「あ、310さんのお宅でよろしいでしょうか?」
「はぁ、そうですけど」
このとき、私は相変わらず眉間にしわを寄せている。
私はアマゾンで買い物をすることが多いので、この風景にはなじみがある。
しかし、通常アマゾンで注文をしたときに荷物を配達してくれるのはペリカン便だし、私はここ最近、二十代前半の大学生にはあるまじきことだが、めっきり物欲というものが萎えきっていたので、買い物をした覚えもなかったのだ。

「えーっと、宅配ですか?」
「はい、そうです。えーっと、五通届いてますね」
「五通?」
ますます、不可解である。
「明治製菓さんからです」
いよいよ、不可解である。
私に明治製菓関係の知り合いなどいないからだ。

明治製菓製品のプロテインを愛用してはいるが、まさかたまたま私がプロテインを購入する場面を見かけて、なにがしかの感銘を受けたために私に何か感謝の品物を送りつけたというのだろうか。
いやいや、まずその思考回路が意味不明であるし、第一、どうやって私の住所を突き止めたというのだ。そんなことがあれば真っ先にストーカー指定して警察に駆け込みたいところだ。
はたまた、何か私がした行為が明治製菓に対して迷惑をかける結果となったのだろうか。いやいや、私は誓って店頭に並んだチョコレートの銀紙を破って青酸ソーダを混入させたことなどない。

ともかく品物を見てみないことには、いっさい不明である。
私は配達物を受け取ることにした。

ええいっ、五通もサインをするのが面倒くさい!
わたしの眉間のしわがさらにコンマ2ミリ深くなった。

佐川急便の配達員と玄関口で別れた私は、部屋に戻ると改めて品物を確認した。
ぶつは同じ形状をした白い封筒が五通である。

佐川急便からの封筒


おそるおそる封筒を破り開けてみると、中にはさらに白い封筒が一通。
確認すると、どの封筒にも同じ物が入っているようだ。
いとど、不可解である。
マトリョーシカでもあるまいに。

白い封筒を改めると、そこには『銀座カリー15周年記念』と書いてあった。
その文字を見た刹那、私は克明にある出来事を思い出した!


―― 一ヶ月前 ――


「あー、やっぱ銀座カリー、まじうめー。この価格帯でこのクオリティの味とか、日本やばくね?ってか明治製菓やばくね?まじ、寂しい一人暮らしでもテンションぶちあがるんですけどwww」

はむ、はふっ、はふっ・・・
(カレーを食べています、しばらくお待ちください)

ふーっ、ふーっ、はぐっ! うむうむ・・・
(カレーを食べています、しばらくお待ちください)

かちゃっ
(スプーンを置いています、しばらくお待ちください)

「ふー、食った食った。やっぱ、ぱねーっす!ごちそうさまでした!ん、なんかこの箱、いつもと少し違うな・・。なになに?15周年記念キャンペーン?選べる15種類のギフトカード?」

「ふーん、こんなんやってんだ。まぁ、当たるとも思わねーけど、せっかくだし応募しとくか」

「うわっ、なにこれ?応募はがきは箱の中に印刷されてるって?はさみで箱を切らないといけないの?超面倒なんですけど、まじ。しかも50円切手貼らないといけないの?」

「こんな面倒なことするの、よっぽど暇人じゃね?あっ、でも俺、暇人だから別にいーわwww暇人でよかったwww」

「ちょうど銀座カリーの買いだめが五個あるし、このさい全部送るし。暇人サイコーwww」


―― 回想終了 ――


そうだ。
私は先月、明治製菓製品の銀座カリーのキャンペーンに応募していたのである。
ということは・・・、まさか・・・、これは・・・。

私は急いで中に入っていた白い封筒を開いた。
そこにはなんと、『おめでとうございます』の文字とともに、3000円分のEdyギフトカードが入っていた!
確認すると、五通全てに同じ物が入っていた。
銀座カリー当選


えーっと、つまりあれか?
こういうことか?
五通のはがきを応募して、五通とも当選した、と?

・・・。
・・・・・・。
・・・・・・・・・・。

ぱねーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっす!

明治製菓さん、まじぱねーっす!
いやいや、やばいっしょ。
そんなことってあり得るの?
え、まじで?

というわけで、私は商品券計15,000円分を手にしたのであった。

おしまい


――――――――――――――――――――――――


という感じです。
変なテンションで書いてたら、妙に長くなってしまいましたが、こんなことって本当にあるんですね。
自分は懸賞運はかなり良い方で、これまでにも色々と懸賞に当たってきましたが、これだけのサプライズはさすがにこれまで経験したことなかったです。

文中にも書きましたけど、多分、応募するさいの面倒な手間と、銀座カリーの知名度があまり高くない(?)ということが相乗して、倍率が下がったんじゃないかと予想してます。
まぁ、それにしても同じ人に五通もあたるほど応募数が少なかったとは考えてもいませんでしたが。

銀座カリーの懸賞は今年の10月末まで、毎月締め切りで続いてますので、本当におすすめですよ。味もとても美味しいので、まぁ、お試しください。僕は早速7月締め切りの分も応募しました。

ではでは。
これで本当におしまい。
起承転結
性格診断というものが世の中には色々ある。
心理テストやら、動物占いやら、血液型の説明書やら、四柱推命やら、
いつの時代も、老いも若いも、みんな自分のことが知りたくてたまらないようで。
そんな心理を巧みについた遊びは定期的に流行し、そのたびにそこそこ大きな話題を作っている。

さて、そんな前置きで始めた今回のエントリーだが、
先日、たまたま、天狗の落し文のように唐突にオリジナルの性格分類を思いついたので、ここにひっそりと公開する。





いきなりだがここで、この性格診断の内容を発表する前に、
その正しさを検証してもらうために、以下の実験にお付き合いいただきたい。

■実験問題■

四人の人間がいて飲み会をしている状況を想像してほしい。
その四人とは、あなたを含めて、一番仲のいい、頻繁に連絡を取り合うような関係の友人たちである。
具体的に顔が思い浮かんだところで、しばし脳内で仮想の飲み会を開催してもらいたい。
飲み会の設定はどんなものでも構わない。
披露宴の二次会でもいいし、高校の同窓会でもいいし、何の変哲もない終業後の飲みでもいいし、焼き肉屋でもいいし、フランス料理のフルコースでもいいし、宅飲みでもいい。

その際に、

A「とりあえず、生4つで」
B「俺、カシスオレンジ」
C、D「いきなりカシスはないわー」

ぐらいの細かいやりとりまで想像できると、よりこの後の結論を読むのが楽しくなるだろう。

※ある程度、自分なりに納得のいく状況が想像できるまでは先に読み進めないことをお勧めします。















さて、一通り想像できただろうか。
中には、かつて実際にあった会話を思い出して懐かしい気分になった人もいるかもしれない。
あるいは、なかなか頭の中でその光景を組み立てられなかった人もいるかもしれない。
その場合は、なんとなく雰囲気だけでも感じてもらえると嬉しい。

さて、ここで今回のテーマ。
私が思いついた性格診断とは、

ずばり【起承転結】だ。

そう、小学校の高学年くらいに国語の教科書で出てくる、あれだ。
ここで、それぞれの類型について説明する。


■■起■■

口火。
何もないところに、ぽんと話題を投げかける存在。
会話の中では、割とどうでもいいことでも言葉にするため、おしゃべり好きが多い。
話の質よりも、自分の思いを他人と共有したいという考えが強い。
何かイベントをするとき、言いだしっぺはいつもこのタイプ。
そのくせ、企画をまとめたり実行するのは他人任せだったりする。
とはいえ、周囲の人間はこのタイプが何かを言い出すのが楽しみで心待ちにしている。
明るく、はきはきとしていて、強引に周りを巻き込む行動力がある。
ただしその明るさは寂しがりな気持ちの裏返しであり、いつも連帯感を求めている。


■■承■■

相づち打ち。
会話の中では、聞き上手で相手が話をしやすいように全体の流れを見つつ、適度に話をふくらませる。
相手の考えを受け止めるゆとりがあり、おおらかで人に信頼される。
頼られやすい存在であるためか、いつの間にか仕事を振られるが、
基本的に性格が真面目なので、与えられた仕事をきちんとこなすことに満足感を感じる。
その一方で、生真面目な自分と自由にふるまう他人とを比べて、気分が沈むこともある。
そういうときは、大黒柱がいなくなることでメンバー的に大変困ることになる。


■■転■■

掻き回し屋。
会話の中では、それまでの話の流れをぶったぎりつつ、別の切り口から話の核を浮かび上がらせる。
独創的な比ゆで本質をえぐって議論をダイナミックに加速させる、「会議は踊る、されど進まず」状態に冷や水をぶっかけて流れを修正する、などなど。
人に流されず、常に独自の視点からものを考えるひねくれ者。
ゆえに、何を考えているのかよくわからないと時々言われてしまう。
同じ割合で、頭がよく切れるとも言われる。
実は口下手なだけだったり、会話の流れが読めない天然な性格のだけだったりもする。


■■結■■

締め役。
会話の中では話におちをつけて、結論を明らかにする。
過程でどれだけ影が薄くても、結局おいしいところを持っていって存在感を示す。
普段はどっしりと構えていて、煮詰まった会議や、会話の途切れた場面で、ぽつりと鶴の一声をもらす。
そして、それが最終的な結論になってしまったりする。
肝心な場面以外では、あまり見せ場を作ろうとしないので、深い付き合いをしないとその魅力を分かってもらえない。
そして、別にそれでもいいと思っていたりする。
実は一番情に厚く、人一倍思いやりのある存在であることが多い。






さて、あなたの想像した四人は見事にこの類型に当てはまっただろうか?
そのとき、あなたは一体、どのタイプに当てはまっただろうか?

不思議なもので、経験上、気の置けない知り合いが四人集まると、
それぞれが、起・承・転・結のそれぞれの役割をひとつずつ担うようになることが多い。
逆に言うと、そうでない場合、バランスが悪くなってしまって、その関係は長続きしない。

あなたにも経験がないだろうか。
「起」タイプが何人も同じ場にいるせいで、互いに自分の興味のあることばかり話してしまって、全く話が積み重なっていかなかったり、
「承」タイプが集まったおかげで、会話が盛り上がりに欠けてしまったり・・・
そんな、場面を見かけたり、その当事者になってしまったりしたことは。

世の中にはいろいろなタイプの人がいて、物事を円滑にすすめるためには、それぞれがバランスよく役割を果たす必要がある。
気の置けない友人関係はそうやってうまく関係が回っていくことで自然と作り上げられていくものなんだろう。

今のところ、個人的な経験則以外に何の根拠もない性格診断だが、
少しでも共感できる、楽しめるものになっていれば、これ幸い。

以上、長文にお付き合い下さりありがとうございました。
釣り人とバス停、長髪のやせ男
去年の夏に2ちゃんねるの文芸創作板の「よくわからんお題で次の人がSSを書くスレ」で発表した作品です。思い出したように読み直したら、割とうまく書けてたから、このまま膨大なログの中に埋もれさすのはもったいないなと思ったので、自分のブログに再掲することにしました。
自分が書いた作品っていうのが証明出来ないのがもどかしいところだけど、まぁ、たいした問題にもならないと思うので。
このスレは気に入っていて、他にもいくつか投稿した作品があるけど、あまり自己評価がよくないので、そっちはゴートゥーヘルしてもらうことにしますw

では、以下転載です。



よくわからんお題で次の人がSSを書くスレ2
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bun/1213581632/





38 名前: 釣り人とバス停 1/2  Mail: sage 投稿日: 2008/09/18(木) 17:49:59
ええ、ちょっくらくだらん話に付き合ってもらおうかと思っとるわけですがね。
とある所に、とてつもなく大きなお寺があった。そりゃあ立派なもんだ。なんせ、天下に名だたる浄土宗でも五本指に入ろうかという代物だ。
毎日わんさと観光客がやってくる。金は天下の回り物たぁよく言いますが、集まる所には集まるもんだ。こりゃあ笑いが止まらねぇってんで、ついに寺の真ん前にバス停まで立てちまう始末でさぁ。
ところが、ある日そのバス停の前に奇妙な男が現れた。
キャップにサングラスにライフジャケット、手には釣竿。釣り針をアスファルトの道路の上に寝そべらせてやがる。世に釣り人は多かれど、こんなキテレツなツリキチはついぞ見たことがない。
見かねた住職が寺から飛び出した。
「ちょっとあんた、一体何やってるんだ。ここは由緒ある寺の前だぞ。何のつもりか知らんが、他の客の迷惑だから、さっさとその釣竿をしまいなさい」
「いやぁ、ちと知り合いから、いいネタが入りましてね。穴場があるってんで、こうやって汗水たらしながら、糸を垂らしてるってわけでさぁ」

39 名前: 釣り人とバス停 2/2  Mail: sage 投稿日: 2008/09/18(木) 17:54:58
男の言うことはさっぱり要領を得ない。住職が更に問い詰めると、男はこんなことを言い出しやがった。
「いやぁ、でも、ここ、釣れるんでしょ?」「何が?」
「いや、何って。バスが」
・・住職は絶句するしかない。なんせ、乗り物のバスとブラックバスを勘違いするおおうつけだ。
それはともかく、釣り針が他の客に引っ掛かりでもしたら大変だってんで、住職が男を取り押えようとした。
その時!道のはじっこの方からバスがやってくるじゃありませんか!
「お、来た来た!」
男が、えいやっとばかりに大きく釣竿を振りかぶる!住職は慌てて、その体につかみかかる!
・・当然二人はもみくちゃになりまさぁな。もうてんやわんやだってんで、周りにいた観光客達も、なんだなんだと二人を取り囲みだした。
そうこうするうちに、その群衆の横をバスはすーっと走っていっちまいました。
ため息をつきながら男がキリキリとリールを巻いていくと、なんと住職がすすっと浮き上がっていくじゃないですか。よくよく見ると、釣り針は住職の袈裟に引っ掛かっている。
住職はそのツルツルの頭まで真っ赤になって「下ろせ!下ろせ!」と怒鳴っております。期待の外れた男は、肩を落としてこう呟いた。

「ちっ、今日もボウズか」

どうも、お後がよろしいようで。






53 名前: 長髪のやせ男 1/2  Mail: sage 投稿日: 2008/09/21(日) 16:12:17
私は惑星間をまたいで活動する、フリーの文明崩壊請負人だ。
今日は、私が若い頃に取り組んだ仕事の内容を紹介するとしよう。

フェミーナと呼ばれるその惑星の種族は、いわゆるヒューマン型の体躯をしていた。
唯一違ったことは、女権社会であったということだ。
女性は男性に比して強靭な肉体と、豊富な知識、そして権力を有していた。
男性は愛玩用、もしくは生殖用としてのみ機能したため、その価値はその容姿によってのみ計られていた。
特に好まれたのは、長髪のよく似合う痩せた男である。
これは、そういったタイプの男性ほど精力が旺盛であり、筋肉が引き締まっているため使い手があることが多かったからである。

いくら文明的に私がはるかに進んでいるとはいえ、何億人もの生命を一人で刈り取るのは効率が悪い。
よって、私がこの星で行った作業は次の一点のみである。
男性間にのみ、「短髪のでぶ男は優れている」という認識を植え込んだのだ。
これには、遺伝子構成認識装置、および1000tjものハイパワーアンプが役に立った。
この装置で自動的に男性を識別し、それらの男性のみが受信できるように設定したデジタルワームで思考を改ざんしたのだ。
三日間の電撃作戦の後、私の計画通り、男性は女性の管理下に収まらないようになっていった。
女性がどれだけ圧力をかけても、私に操作された欲望に従って、男性は際限なく太り、そして禿げていった。
女性と男性の間の交流は断絶し、女性は種付けの道具を失った。

54 名前: 長髪の痩せ男 2/2  Mail: sage 投稿日: 2008/09/21(日) 16:18:11
二十年後、フェミーナの人口は十分の一にまで激減したことを確認したのち、依頼の完遂を宣言した。
女性たちはもれなく、依頼者の奴隷となるだろう。
今まで散々虐げてきた男性から愛玩動物として扱われるのだから、その屈辱は並大抵のものではないだろう。
気の毒だが、これも宿命とうけいれてもらうしかない。

さて、先日、私に次の依頼が舞い込んだ。
儲かるのはいいことだが、いかんせん、忙しすぎる。
しかも次の惑星は、アースという、50億人規模の惑星だ。
手を抜きたかった私は今回も、フェミーナのケースを応用することにした。
そうだな、今回は二次元への執着心を喚起することにしようか。
性欲を非現実な領域に求めるようになれば、生殖の手段は断たれ、人口は減少していくだろう。
しかもアースの人間は、そういった病的な偏執を抱く者を『オタク』と呼んで忌み嫌うらしい。
ますます好都合だ。

後日記:
植え付けは成功した。
あとは二十年後の結果を待つだけだ。


逆転男女~掘さんと宮村くんに学ぶ~
文学フリマの息抜きのブログですよ。

よく、「精神的にも肉体的にも男性より強い女性」とか、
「家事全般が全て女性よりもうまい男性」とかいうような
文脈のドキュメンタリー・マンガ・映画・小説を目にすることがありますが、
もしかして、エンターテイメント世界においては、
もはや男と女の関係は逆転してるのがデフォルトなんじゃないか?

というようなことをさっき思いつきました。

正確な年代はわかりませんが、
いつ頃からか、男女の関係性の逆転の物珍しさがフックとなって、
色々なエンターテイメント作品が生み出されるようになりました。
でも、今となっては、この逆転した状況の方が、
そうでない作品の数を上回っているような気がするんですよね。

『猟奇的な彼女』
『ハケンの品格』
『ご愁傷様、二宮君』
『涼宮ハルヒの憂鬱』

・・・とかね。

まぁ、「だから、こういう設定はもう飽きたZE」というわけではなくて、
いま、人の注意をひきたいんだったら、男女の関係性が逆転したものよりも、
愚直に、昭和以前のような男らしさ、女らしさを追求したような作品の方が、
求心力を持っているんじゃないだろうか、ということをちょっと思うわけです。

こんなことが頭に浮かんだきっかけは、僕が大好きなウェブ漫画ですた。
『堀さんと宮村くん』という学園ラブコメディです。
正直、何でこの話を本にまとめて出版しないんだろう・・・、
と思ってしまうぐらいハイクオリティな作品を、無料で公開していらっしゃいます。
今回のエントリーの目的の半分はこのマンガの布教なんで、ぜひ、一度目を通してみてください。

 → 読解アヘン

全話一気読みしようと思ったら、六時間ぐらいかかるボリュームがあります。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。